Collboration Special Menu : vol.1-1

業務スーパー海外直輸入商品を使って、
おうちで世界グルメ旅行へ!

タイ料理研究家

味澤ペンシーさん

業務スーパーとタイ料理研究家・味澤ペンシーさんがコラボ!業務スーパーのオリジナル商品を使ったオリジナルレシピ「ゲーン マッサマン ガイ」をご紹介。本格的なタイ料理をおうちで召し上がれ!

ゲーン マッサマン ガイ
(鶏肉のイスラム風カレー)

タイ料理の定番ハーブ&スパイスがたっぷり入ったレッドカレーペーストを生かした、マッサマンカレーのオリジナルレシピです!

タイ料理研究家

味澤ペンシーさん

タイ南部ソンクラー出身。タイ有名ホテルで修業した経験を生かし、本格的なタイ料理から家庭で楽しめる簡単アレンジまで、さまざまなレシピを開発。ほかにもタイ料理教室講師や店舗プロデュースなどさまざまに活躍中。

業務スーパーアイテム

レッドカレーペースト

レッドカレーペーストは、タイのレッドカレーだけでなく、炒め物などの味付けにも活用できる便利なアイテムですね。今回はレッドカレーペーストを使ったゲーン マッサマン ガイのレシピを紹介します。

商品詳細はこちら

SPECIAL MENU

レッドカレーペーストの香りと刺激!

ゲーン マッサマン ガイ
(鶏肉のイスラム風カレー)

レッドカレーペーストでアレンジ!
定番人気のマッサマンカレーをお手軽に♪

レッドカレーペーストを使えば、マッサマンカレーもラクラク!
最初にレッドカレーペーストを炒めて、具材やスパイスを順に加えてゆっくり煮込むだけ。そんなシンプルで作りやすいレシピとは思えない、奥深い味わいに驚かされるレシピ。
「マッサマン」はタイ語で「イスラム教の」という意味をもつ言葉。レシピ名でも「イスラム風」と紹介しているとおり、マッサマンカレーは、ほかのよく知られているタイ料理と違って八角などのスパイスを使っているのも特徴。レッドカレーペーストの複雑な味わいと辛味の刺激に、スパイスでさらに香りをプラス。加えて、後からくるまろやかな甘味とココナッツミルクのコクと、めくるめくような味の変化を楽しめます。

鮮やかな赤色と
辛味の刺激!

レッドカレーペーストに入っている、レモングラスやカー(カランガル/タイのしょうが)などのハーブの豊かな香りと、赤とうがらしの辛味&鮮やかな赤色が食欲を刺激します!

大きな具材が
ゴロゴロ!

大きめに切ってゆっくり煮込んだ鶏肉やじゃがいもなどの具材は、レッドカレーペーストやスパイスの風味をしっかりまとって食べごたえ満点。アクセントのピーナッツも美味しい!

さらにスパイスを追加して
贅沢な味わいに!

八角やカルダモンなどをプラス!レッドカレーペーストのカフィルライムピール(こぶみかんの皮)や、コリアンダーシード、クミンパウダーと相まって、さらに複雑で贅沢な味わいが楽しめます。

材料(2人分)
  • レッドカレーペースト50g
  • ご飯(ジャスミンライス)適量
  • 鶏もも肉250g
  • にんじん1/4本(50g)
  • じゃがいも1個(130g)
  • 玉ねぎ1/4個(50g)
  • 【A】
  • - カルダモンパウダー小さじ1/4
  • - シナモンパウダー小さじ1/2
  • - 八角2g
  • 【B】
  • - ナンプラー小さじ1
  • - 砂糖20g
  •  
  • サラダ油大さじ2
  • 180ml
  • ココナッツミルク200ml
  • ローリエ2枚
  • ピーナッツ30g
作り方
  1. 【1】 鶏肉は6等分に切ります。にんじん、じゃがいも、玉ねぎは4等分ほどの食べやすい大きさに切ります。
  2. 【2】 鍋に油とレッドカレーペースト、【A】を入れ、火にかけて炒めます。香りが立ってきたら、水を3回に分けて加え、ペーストと混ぜ合わせます。
  3. 【3】 鶏肉を加えます。鶏肉の表面の色が変わったら、にんじんを加えます。
  4. 【4】 【B】を加えて約5分煮たら、ココナッツミルクを加えます。
  5. 【5】 ふつふつと煮立ってきたら、じゃがいもを加え、弱火にして約15分煮ます。玉ねぎ、ピーナッツ、ローリエを加え、さらに約5分、野菜に火が通るまで煮ます。
  6. 【6】 器に盛り付け、ご飯を添えれば出来上がりです。
ワンポイントアドバイス

じゃがいも、にんじんを大きく切って煮込むレシピですので、具材に火が通るまで、じっくり煮込むのが美味しく仕上がるコツです。

Interview

味澤ペンシーさんにレシピのコツやアレンジなど、あれこれ教えてもらいました!

カレーだけじゃない!
レッドカレーペーストの楽しみ方

レッドカレーペーストは、タイ定番のハーブと辛味を料理にプラスできるので、カレーのほかにも、炒め物や炒飯の味付けなど、いろいろな使い方ができます。炒め物のおすすめは、たけのこと豚肉の組み合わせ。魚のすり身といんげんをレッドカレーペーストで味付けするタイのさつま揚げも定番です。

業務スーパーの冷凍トルティーヤと
組み合わせるのも◎

このマッサマンカレーは、業務スーパーの冷凍トルティーヤともよく合います。タイではロティ―という小麦粉の生地を薄焼きしたものをマッサマンカレーにつけて食べるので、その代わりとしてもおすすめ。ロティ―というとバナナを入れたスイーツがよく知られていますが、タイ現地ではプレーンなものも定番です。

ココナッツミルク選びも
カレーの美味しさのカギ

今回レシピに使ったココナッツミルク(紙パック)はこちら。カレーなどの料理におすすめしたい香りと味わいでした。ココナッツミルクを使うタイカレーは、出来上がったときにスープの上澄みにココナッツミルクの油が分離しているのが美味しさの印。このココナッツミルクは、油がきれいに分離して、とても美味しく仕上がりましたよ。

コラボレシピをもっと見る

profile

味澤ペンシーさん
(Pensri Ajisawa)

タイ料理研究家。タイ南部に位置する魚の豊富な町ソンクラー出身。料理好きな母親の影響を受け、バンコク プラナコーン タイ カレッジに進み、家政科を専攻。その後、タイ有名ホテルなどで本格的なタイ料理を修業。レシピ開発や、料理本の出版、タイ料理教室「アジアンクッキングスタジオ」講師、株式会社スパイスロードの料理顧問として店舗プロデュースなど、さまざまに活躍中。

株式会社スパイスロード公式サイト https://spiceroad.co.jp/

profile
  • ※写真・イラストはイメージです。
  • ※商品によっては一部取り扱いの無い店舗もございます。
  • ※掲載商品は諸事情により予告なく掲載・販売が終了する場合がございます。
  • ※商品によっては類似品が存在し、それぞれの原材料やアレルギー、栄養成分値は異なる可能性がございます。
  • ※サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合などにより、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国、アレルギー情報、栄養成分値など)が変更される場合がございます。