Collboration Special Menu : vol.1-5

業務スーパー海外直輸入商品を使って、
おうちで世界グルメ旅行へ!

タイ料理研究家

味澤ペンシーさん

業務スーパーとタイ料理研究家・味澤ペンシーさんがコラボ!業務スーパーのオリジナル商品を使った本場タイの「トムカーガイ」を、日本のしょうがで作るアレンジとともにご紹介。本格的なタイ料理をおうちで召し上がれ!

トム カー ガイ
(鶏肉とタイしょうがのココナッツミルクスープ)

味澤ペンシーさん厳選!料理に良く合うコクと香りのあるココナッツミルク(紙パック)で作る本場タイのスープです!

タイ料理研究家

味澤ペンシーさん

タイ南部ソンクラー出身。タイ有名ホテルで修業した経験を生かし、本格的なタイ料理から家庭で楽しめる簡単アレンジまで、さまざまなレシピを開発。ほかにもタイ料理教室講師や店舗プロデュースなどさまざまに活躍中。

業務スーパーアイテム

ココナッツミルク(紙パック)

タイ料理のスープやカレー、デザートに欠かせないアイテム。タイ直輸入のココナッツミルク(紙パック)は、トムカーガイやタイカレーと相性抜群!とても美味しく仕上がります。

商品詳細はこちら

SPECIAL MENU

ココナッツミルク(紙パック)を使った

トム カー ガイ
(鶏肉とタイしょうがのココナッツミルクスープ)

酸味・甘味・辛味が奏でる
タイ料理の極旨ハーモニー!

タイ料理に欠かせないココナッツミルクの魅力をたっぷり味わえるスープ!それがトムカーガイ!
スッと鼻に抜けるようなエキゾチックな香りとレモンの酸味、ジューシーな鶏肉、ココナッツミルクのコクのハーモニーがクセになる美味しさです。
タイ語で「煮る」という意味の「トム」という言葉が名前にあるとおり、材料を煮込んで作ります。その美味しさのカギはタイのしょうが「カー」(ナンキョウの根)。見た目は日本のしょうがに似ていますが、香りと味わいはまったくの別モノ。トムカーガイを作るには、「カー」が欠かせません。ただ日本では手に入りにくいので、日本のしょうがで作るレシピも味澤さんが教えてくれました。ぜひ、2つの美味しさを食べ比べてみてください。

ココナッツミルクと
調味料の織りなすコク

ココナッツミルクのコクに、本場タイの味 万能調味料や食材の味わいや香りが混ざり合って豊かなコクと甘味のあるスープに仕上がります。

カーでしか出せない
爽やかな香り

タイのしょうが「カー」ならではの香りが味の決め手!レモン汁の酸味やと相まって、エキゾチックな味わいをたっぷり楽しめます。

彩り華やか!
パクチー&赤とうがらし

ココナッツミルクの白に飾った赤とうがらしやパクチーの緑が鮮やか!赤とうがらしは砕いたものを種ごと散らしてOK!辛味が強いので、量はお好みで調整を!

材料(2人分)
  • 鶏肉200g
  • 玉ねぎ50g
  • ミニトマト4個
  • 赤とうがらし(ホール)4本
  • 【A】
  • - 水200ml
  • - 塩小さじ1・1/4
  • 【B】
  • - カー(タイしょうが)40g
  • - 鶏だしの素小さじ1/2
  • - タイの万能調味料小さじ1/2
  • 【C】
  • - ココナッツミルク200ml
  • - 砂糖大さじ1
  •  
  • サラダ油小さじ1
  • レモンの搾り汁35ml
  • 青ねぎ(小口切り)1本
  • パクチー(ざく切り、お好みで)適量
作り方
  1. 【1】 たまねぎはざく切り、ミニトマトは縦半分に切り、カー(タイしょうが)は薄切りにします。鶏肉は一口大に切ります。フライパンに油と赤とうがらしを入れて火にかけ、赤とうがらしがカリッとするまで炒めます。
  2. 【2】 鍋に【A】を入れて火にかけ、沸騰したら【B】を入れて2~3分煮て鶏肉を加え、煮立ったら玉ねぎを加えます。
  3. 【3】 再び煮立ってきたら【C】、ミニトマトを加えて5~6分煮ます。ミニトマトの皮がはじけたら、火を止めてレモンの搾り汁を加えて味を調えます。
  4. 【4】 器に盛り付け、【1】の赤とうがらしを砕いて散らし、青ねぎ、お好みでパクチーを飾れば出来上がりです。
ワンポイントアドバイス

作り方【1】でカリカリに揚げた赤とうがらしは、刺激があるので、ポリ袋に入れてめん棒などでたたいて砕きます。手で砕く場合は刺激があるので注意してください。

Interview

味澤ペンシーさんにレシピのコツやアレンジなど、あれこれ教えてもらいました!

メニューにぴったりのココナッツミルク選び

今回のレシピに使用したタイ産のココナッツミルクは、トムカーガイを作るのにぴったりの香りと味わいでした。
原産国や製法によって風味や味わいが異なり、料理向き、デザート向きなど相性がありますので、是非ココナッツ選びにもこだわってみてください。

日本のしょうがで作るレシピ

トムカーガイはその名前のとおり、タイのしょうが「カー」ならではの香りと風味が欠かせません。日本では通信販売などで取り扱いがありますが、手に入らないときは、日本のしょうがに置きかえて作ることもできます。その場合は、仕上げにしょうがのせん切り(5g)をプラスして飾ります。それ以外は「カー」を使うときとすべて同じでOK。トムカーガイとは一味違う、ココナッツミルクのコクと優しいしょうがの香りがクセになる美味しい一品に仕上がります。ぜひ試してみてください。

とても便利!本場タイの味 万能調味料

蓋を開けるだけでタイ料理を思い出さずにいられない、まさに「本場タイの味 万能調味料」という名のとおりの便利なアイテムですね。パクチーとにんにく、こしょうが香るこの調味料は、料理の味付けだけでなく、トーストにバターと少量の本場タイの味 万能調味料を塗っても美味しいですよ。

profile

味澤ペンシーさん
(Pensri Ajisawa)

タイ料理研究家。タイ南部に位置する魚の豊富な町ソンクラー出身。料理好きな母親の影響を受け、バンコク プラナコーン タイ カレッジに進み、家政科を専攻。その後、タイ有名ホテルなどで本格的なタイ料理を修業。レシピ開発や、料理本の出版、タイ料理教室「アジアンクッキングスタジオ」講師、株式会社スパイスロードの料理顧問として店舗プロデュースなど、さまざまに活躍中。

株式会社スパイスロード公式サイト https://spiceroad.co.jp/

profile
  • ※写真・イラストはイメージです。
  • ※商品によっては一部取り扱いの無い店舗もございます。
  • ※掲載商品は諸事情により予告なく掲載・販売が終了する場合がございます。
  • ※商品によっては類似品が存在し、それぞれの原材料やアレルギー、栄養成分値は異なる可能性がございます。
  • ※サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合などにより、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国、アレルギー情報、栄養成分値など)が変更される場合がございます。